脳天気


この所、

日中は、暖かくなってきた。

けど、我が家はまだまだ朝晩は寒いので、

彼の家に子供達と泊まらせて貰っている。


そして、なんだか、

世の中が騒ついている。


昨日の夜、わたしの心も少しザワザワしたけど、今日はオイルトリートメントの予約が入っていたので、子供たちと早々に就寝してみた。

そうしたら、いつもより早く目が覚めて

彼が仕事の準備をしていた。

朝、彼と顔を合わせるのは珍しいから(私は早く起きるのが無理なのです)なんか嬉しくて沢山話しかけたら、ウザそうにされて、

悲しくなり朝から号泣。(生理前はほんとに手に負えなくなる)更にウザい感じだが、

彼に、「話し、聞いてくれないからムカつく!」と、喧嘩をふっかける始末。


彼は、冷静に

「そんなこと、あらへんて、

ちゃんと聞いてるよ、それは良ちゃんの思い込みやよ」と、納豆ご飯を食べながら言った。その彼の口元にはご飯粒がついていた。

それを見たら、おかしくなって思わず吹き出してしまった。

その後、寝癖を治しに洗面台に行って帰って来た彼の髪型は、治す前よりおかしくて、

更に爆笑。その時点で既に気持ちは落ち着いていました。


そうこうしていると、いっつも裸ん坊で寝ている次男が起きてきて、「ママがうるさくて目が覚めた」と迷惑そうにしてました。



世間ではコロナウイルス騒動がすごいけど、

紛れもなくこの家を騒つかせているのは

私だ。


しかし、私の心は平和です。


皆んなありがとう。














閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

それは 激しく繰り返す呼吸と共に 下半身から どろどろと重苦しく塊になって 湧き起こり、 下腹部、胃、胸とこみ上がった時に 何故なの? ねえ 何故なの。 何故こんな目に遭ったの? 嫌、嫌なの、 絶対嫌、やめてっーーー と言う大きな叫び声と共に 喉につかえた瞬間、 口から苦い唾液と共に 私の身体から その重い塊が出て行った。 自身の内側にあった 忌々しいと感じていた感情を 自ら激しく繰り返す呼吸で、

母は、長年医療現場にいたけど、 最後を迎えるのは自宅を選んだ。 余命が半年と告げられた時、 ベテランホスト彼氏は、 彼女のお世話を本当に良くしてくれたよ。 宣告された余命より半年長く生きたのはそのおかげかも知れないな。 俺が面倒見てもらうつもりだったのに、、 と、本音を漏らしていたけどね。 亡くなる一週間前、 私は彼女と2人きりで話す事が出来た。 その時、割とビックリな事を打ち明けられた。 このマ

私の友達や、親族達の ベテランホスト彼氏の評価は散々だった。 お金目当てだ、体目当てだ、 介護目当てだと、なんやかんやすごかった。 そもそも財産なんてたかが知れているし、 体目当ても、 ある意味凄いじゃないか、って思ったし、 まあ、介護は、なかなか有力なセンだなと思ったけど、、 私としてはどーでも良い事だった。 何故なら 母が今まで見た事ないほど はしゃいでいて、楽しそうだったからだ。 2人で宅呑