検証中

その日の気分で外出したい時もあるし

誰とも喋りたく無い時もある。


憂さ晴らしに踊る。


最初はそう、健康になるから、とか

人に観せるから、とかじゃなくて

単純に、単なる憂さ晴らし。


そんな感じで日々を過ごしていたら

関節とか筋肉の可動域が上がっていって

動きにエモーションを込めるのが

楽しくなった。


それをやりすぎたら

今度は

仙骨で音を拾うようになって、

呼吸が満ちると、何故かオートマチックに

全身が動きだした。

そのモードに突入すると、奇妙な快感が

全身に込み上げてくる。


そうこうしてるうちに


人前で踊る機会に恵まれて、披露したら、

気に入ってくれる人がいたりして。


自分も気分が高揚したりで

なんかまた披露するタイミングが来たりで

うまく転がる時もあれば、


突然に塞ぐ気分に襲われて

誰にも会いたくなくなる事もある。


そんな時は

とにかくいっぱい寝たり

欲望に身を任せる。

(大抵は単純に疲れてるだけ)


ここ数年

そんな日々を過ごしていたら

毎年大変だった

慢性副鼻腔炎とか花粉症の症状が徐々に緩和され今年は今の所全くない。


これからなったりして ハハ😅


あー、

極端に痩せたり太ったりしなくなった。 


体重計にも3年は乗ってないと思う。


ダイエットって概念が無くなったのも

精神的にかなり楽になった。







13回の閲覧

最新記事

すべて表示

呼吸と共に

それは 激しく繰り返す呼吸と共に 下半身から どろどろと重苦しく塊になって 湧き起こり、 下腹部、胃、胸とこみ上がった時に 何故なの? ねえ 何故なの。 何故こんな目に遭ったの? 嫌、嫌なの、 絶対嫌、やめてっーーー と言う大きな叫び声と共に 喉につかえた瞬間、 口から苦い唾液と共に 私の身体から その重い塊が出て行った。 自身の内側にあった 忌々しいと感じていた感情を 自ら激しく繰り返す呼吸で、

母の場合 その④最終話 〜she is always with me 〜

母は、長年医療現場にいたけど、 最後を迎えるのは自宅を選んだ。 余命が半年と告げられた時、 ベテランホスト彼氏は、 彼女のお世話を本当に良くしてくれたよ。 宣告された余命より半年長く生きたのはそのおかげかも知れないな。 俺が面倒見てもらうつもりだったのに、、 と、本音を漏らしていたけどね。 亡くなる一週間前、 私は彼女と2人きりで話す事が出来た。 その時、割とビックリな事を打ち明けられた。 このマ

母の場合 その③ 〜nobody’s business 〜

私の友達や、親族達の ベテランホスト彼氏の評価は散々だった。 お金目当てだ、体目当てだ、 介護目当てだと、なんやかんやすごかった。 そもそも財産なんてたかが知れているし、 体目当ても、 ある意味凄いじゃないか、って思ったし、 まあ、介護は、なかなか有力なセンだなと思ったけど、、 私としてはどーでも良い事だった。 何故なら 母が今まで見た事ないほど はしゃいでいて、楽しそうだったからだ。 2人で宅呑

コネクションハーツは

長野県諏訪郡富士見町にある

女性限定セラピーサロンです。

​ご予約の方に

詳しい場所をお知らせしています。

  • White Facebook Icon
アアルベリーダンス・バナー.jpg