闇を抜けて

更新日:2020年1月8日

皆様あけましておめでとうございます。

今回の年末年始は、子ども達は元主人の実家へ、私は彼と京都へ行き彼の子どもたちと会ったり、ユニークなご夫婦のセラピーもさせていただきました。

(この話は許可を取って又、させていただきますね。)

その間、お互いの闇をまざまざと見せつけられる事象が次々と起こりました。

この半年間は、お互いの傷を癒す時間だった様で、彼は子どもたちと離れて暮らす寂しさ、私は元主人との長い間、同じ空間に居ながらもお互いに向き合うことのできなかった虚しさ等の重苦しい感情のエネルギーを昇華させる必要があったようです。

男女間において中途半端な傷の舐め合いの様な関係は共依存になりやすく、

恋愛初期の高揚感が収まった後に様々な問題が起こるものです。

お互いの癖が目につくようになり、衝突を起こしたりモヤモヤを抱えながら言いたいことも言えずに過ごしたり。。

ただ、

この状態って、とっても体に悪いし、疲れます。

例に漏れず、

彼は風邪を引き、

私は体中が痛くなってしまいました。

良い機会ですので、せっかく起きてくれた感情を据置せず、31日〜元旦にかけて物凄く険悪なエネルギー状態の中、とことん腹を割って話し合いをしました。

やり切った後、

更なる幸せ、繁栄に向けて、

方向性を一致させる事が出来ました。

お互いが、次のステージに向かう心の準備が

できました。

今回の事で男女間に限らず、親子、友人、仕事、すべての関係性において真剣にやりやった後に

本当の信頼関係が構築されるのだなぁと心底思いました。

今、お互いの子どもたちに寂しい思いをさせてしまっているところもあるけれども、

誰かに寄せて喜んでもらえる生き方だけじゃなくて、本来の自分のまま、

周りを幸せにする姿を親として見せれたらなあと思います。

今年もガチンコで行くぞー!

2020年もよろしくお願いいたします❤️

※写真は、富士見町と原村の境から

観た富士山



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

それは 激しく繰り返す呼吸と共に 下半身から どろどろと重苦しく塊になって 湧き起こり、 下腹部、胃、胸とこみ上がった時に 何故なの? ねえ 何故なの。 何故こんな目に遭ったの? 嫌、嫌なの、 絶対嫌、やめてっーーー と言う大きな叫び声と共に 喉につかえた瞬間、 口から苦い唾液と共に 私の身体から その重い塊が出て行った。 自身の内側にあった 忌々しいと感じていた感情を 自ら激しく繰り返す呼吸で、

母は、長年医療現場にいたけど、 最後を迎えるのは自宅を選んだ。 余命が半年と告げられた時、 ベテランホスト彼氏は、 彼女のお世話を本当に良くしてくれたよ。 宣告された余命より半年長く生きたのはそのおかげかも知れないな。 俺が面倒見てもらうつもりだったのに、、 と、本音を漏らしていたけどね。 亡くなる一週間前、 私は彼女と2人きりで話す事が出来た。 その時、割とビックリな事を打ち明けられた。 このマ

私の友達や、親族達の ベテランホスト彼氏の評価は散々だった。 お金目当てだ、体目当てだ、 介護目当てだと、なんやかんやすごかった。 そもそも財産なんてたかが知れているし、 体目当ても、 ある意味凄いじゃないか、って思ったし、 まあ、介護は、なかなか有力なセンだなと思ったけど、、 私としてはどーでも良い事だった。 何故なら 母が今まで見た事ないほど はしゃいでいて、楽しそうだったからだ。 2人で宅呑