母の場合 その①

〜the spring of life 〜



私の母は大阪生まれで

彼女が小学5年のとき、

二歳だった弟が川に溺れて死んで、

中1の時、彼女の母が妊娠中毒症(当時の病名)から来た心臓発作で死んで、

徳島の彼女の祖母の元に預けられた。


その後、

彼女の父親は再婚して

母の元に訪れる事はなかったそうだ。


貧しかったらしく

仕事しながら准看護師になり、


その後

徳島大付属の看護科に通い、正看護師と

助産師、看護教員の資格を取ったんだとか。


彼女の性格からして

むちゃくちゃ

頑張ったんだろうなと伺える。


そんなこんなで

二十代は看護の仕事に邁進していたそうな。


そして、

職場の慰安旅行で

八ヶ岳に登山へ。


宿泊したロッジの山男が私の父で、

母が、逆ナンパしたらしい。


父のビジュアルが可愛かったんだと。


父は母について行く形で山の生活に

終止符を打ったんだけど、結局は

お互い46才の時、離婚した。



見た目の👀❤️❗️❗️✨✨も、

大事だけど相性はそれだけでは測れないと

言う教訓的な出来事として捉えた。


今、八ヶ岳の近くに住んで、彼が大阪弁で喋るから、ふと、両親の事が脳裏によぎった。


ここで

こうして暮らしているのも

なんか意味あるのだろうね。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

呼吸と共に

それは 激しく繰り返す呼吸と共に 下半身から どろどろと重苦しく塊になって 湧き起こり、 下腹部、胃、胸とこみ上がった時に 何故なの? ねえ 何故なの。 何故こんな目に遭ったの? 嫌、嫌なの、 絶対嫌、やめてっーーー と言う大きな叫び声と共に 喉につかえた瞬間、 口から苦い唾液と共に 私の身体から その重い塊が出て行った。 自身の内側にあった 忌々しいと感じていた感情を 自ら激しく繰り返す呼吸で、

母の場合 その④最終話 〜she is always with me 〜

母は、長年医療現場にいたけど、 最後を迎えるのは自宅を選んだ。 余命が半年と告げられた時、 ベテランホスト彼氏は、 彼女のお世話を本当に良くしてくれたよ。 宣告された余命より半年長く生きたのはそのおかげかも知れないな。 俺が面倒見てもらうつもりだったのに、、 と、本音を漏らしていたけどね。 亡くなる一週間前、 私は彼女と2人きりで話す事が出来た。 その時、割とビックリな事を打ち明けられた。 このマ

母の場合 その③ 〜nobody’s business 〜

私の友達や、親族達の ベテランホスト彼氏の評価は散々だった。 お金目当てだ、体目当てだ、 介護目当てだと、なんやかんやすごかった。 そもそも財産なんてたかが知れているし、 体目当ても、 ある意味凄いじゃないか、って思ったし、 まあ、介護は、なかなか有力なセンだなと思ったけど、、 私としてはどーでも良い事だった。 何故なら 母が今まで見た事ないほど はしゃいでいて、楽しそうだったからだ。 2人で宅呑

コネクションハーツは

長野県諏訪郡富士見町にある

女性限定セラピーサロンです。

​ご予約の方に

詳しい場所をお知らせしています。

  • White Facebook Icon
アアルベリーダンス・バナー.jpg