元彼のF君


彼は

とにかく異様に態度がデカくて

最初、面食らったし、かなり警戒していた。


ある日、ひょんな事から

ファミレスでお茶しよってなった。


私がお絞りと水を運んできたら


おまえは

いつも乱暴な振る舞いをするけど

まともに優しい所もあるんだな。


普段、怪我した動物みたいだから

おかしいなって思っていたけど、


父親に暴力ふるわれていたのか?


と尋ねられ、何故か、その瞬間、好きになってしまった。


図星だったからだ。


そして

付き合ってからの彼は

教育係の様に、私の振る舞いを修正していった。


初めて私の部屋に来た時は

絶句したあと、


おまえ、お化粧して顔ばかり気にしていては駄目なんだぞ、


この部屋は豚小屋以下だ。


と言い、 


掃除は、上から下へ。


TVの裏にはホコリが溜まる認識を持て。


布団は最低週に一度は干す様に!


と、言われた。 


そして

腹が減ったから

何か作ってくれないか?

と、言うので、スープ?的な

何かを出したら、


今回は

俺が言い出した事だから

責任を持って食べるが、、


金輪際、食べ物で遊ぶな。


と言われた。


今も鮮明に記憶に残っている。


3年間付き合っていた。


私の極度な焼きもちと躁鬱に

愛想をつかされて振られてしまったけど、

彼が、私の事を真剣に沢山叱ってくれたから生活するにあたっての一通りが身についた。


今も感謝しています。


ちなみに、豚は清潔らしい。

45回の閲覧

最新記事

すべて表示

呼吸と共に

それは 激しく繰り返す呼吸と共に 下半身から どろどろと重苦しく塊になって 湧き起こり、 下腹部、胃、胸とこみ上がった時に 何故なの? ねえ 何故なの。 何故こんな目に遭ったの? 嫌、嫌なの、 絶対嫌、やめてっーーー と言う大きな叫び声と共に 喉につかえた瞬間、 口から苦い唾液と共に 私の身体から その重い塊が出て行った。 自身の内側にあった 忌々しいと感じていた感情を 自ら激しく繰り返す呼吸で、

母の場合 その④最終話 〜she is always with me 〜

母は、長年医療現場にいたけど、 最後を迎えるのは自宅を選んだ。 余命が半年と告げられた時、 ベテランホスト彼氏は、 彼女のお世話を本当に良くしてくれたよ。 宣告された余命より半年長く生きたのはそのおかげかも知れないな。 俺が面倒見てもらうつもりだったのに、、 と、本音を漏らしていたけどね。 亡くなる一週間前、 私は彼女と2人きりで話す事が出来た。 その時、割とビックリな事を打ち明けられた。 このマ

母の場合 その③ 〜nobody’s business 〜

私の友達や、親族達の ベテランホスト彼氏の評価は散々だった。 お金目当てだ、体目当てだ、 介護目当てだと、なんやかんやすごかった。 そもそも財産なんてたかが知れているし、 体目当ても、 ある意味凄いじゃないか、って思ったし、 まあ、介護は、なかなか有力なセンだなと思ったけど、、 私としてはどーでも良い事だった。 何故なら 母が今まで見た事ないほど はしゃいでいて、楽しそうだったからだ。 2人で宅呑

コネクションハーツは

長野県諏訪郡富士見町にある

女性限定セラピーサロンです。

​ご予約の方に

詳しい場所をお知らせしています。

  • White Facebook Icon
アアルベリーダンス・バナー.jpg